転職活動を始める前にやるべき!3つのこと。~キャリアプランがない転職は遠回り~

キャリアプラン/ライフプラン
スポンサーリンク

転職したいと思う時、みなさんにとって、どんな時でしょうか?

職場の環境が悪いとき、職場の人間関係に悩んでいるとき。

残業が多すぎる、業務負担が重いとき、やりがいや興味を感じられないとき。

また仕事と生活のリズムが合わなくなったとき。

転職したい理由は、人によって様々です。

今回は転職の相談に来れられる方に対して、転職活動をはじめる前に、

よくお話させていただいたことがありますので、その内容をご紹介します。

 

 

現場で感じていたこと

人材会社いると、当たり前ですが、

仕事を探す目的、転職を前提の方とお話する機会がたくさんあります。

でも「転職」を考えるとき、“ 計画的 ”に転職を考えていない方も多くいらっしゃいます。

つまり「目先の悩みや現状の希望を優先しがちになってしまう」ということです。

今の目先の悩みの解決は、現時点であなたの一時的な悩みを解決ができたとしても、

数年後、10年後、15年後にあなたが将来に直面するだろう悩みに対しては、

残念ながら考慮されておらず、無計画で感情的な行動になってしまうことがあります。

このような方に対して、

私は「転職前にやっていただきたい、3つのこと」をお伝えしていました。

 

 

◆ 転職したいと思った理由を探る

まず1つ目は、「転職したい」と思うに至る理由を確認し、自分の気持ちと向き合うことです。

今の職場のどんな点が欠けていて、なぜ転職したいと思われましたか?

理由は1つではないと思います。

また転職先がどのような職場であれば、

あなたの転職したいと思うに至った原因(理由)は解決されるでしょうか。

じっくりと検討していきます。

転職先で転職の要因となったその原因が解決されないと、

そもそも転職する意味をなさなかったり、

「問題解決という目的が達成できない」ということになります。

 

また「転職」をするためには、紹介会社に登録したり、定期的な求人広告のチェック、

履歴書・職務経歴書の作成、応募等の一連の転職活動等、

仕事をしながら並行して動いていくので、結構なエネルギーが必要です。

職場は1日の大半を過ごす場所(費やす時間)でもあり、失敗したくないものですね!

だからこそ、転職したい“理由”と“目的”を明確に持ち、行動に移していきたいものです。

 

 

◆ 転職後にどのうよな経験を積みたいか

2つ目は、今の職場ではできない、

どのような経験や業務を、転職後の職場で積んでいきたいと思っているのでしょうか。

その「やりたいこと」を具体的に考えてみます。

あなたのやりたいことは、転職先の会社で実務として、経験を積むことができるでしょうか。

そして転職先で数年働いた自分は、どの程度のスキルが身につき、

どの位のレベルを、スキルアップできているでしょうか。

また仕事のみならず、プライベートを含め、

どのような自分になっているか具体的にイメージしてみましょう。

 

 

◆ ロングスパンで考える

3つ目は、ロングスパンで計画を考えるということです。

転職をする時、「希望要件の洗い出し」と「希望の優先順位付け」が大切だということを

以前にご紹介しました。

仕事探しにおける優先順位の重要性、理解できていますか? ~ブレない仕事探しができるようになる~
アラフォー女性が自分らしく幸せに働ける最短ルート。転職×お悩み解決。理想と現実、実体験とリアルな現場経験。某大手で転職・復職支援の経験豊富。転職・復職のコツ、キャリアの磨き方。40代女性のワーク&ライフをより豊かで幸せにしていく活動をしています。

 

希望要件・優先順位は共に大切なのですが、キャリアプランも同様に重要です。

あなたの“目的”は、きっと「今回の転職だけ」ではないと思います。

もっと長く働き続けたいと思っているのであれば、ロングスパンで考える必要があるからです。

 

転職先で身に着けられる経験と知識、

もっとその先のキャリアプラン、ライフプランを考えてみてください。

1つではないと思います。

色んなパターンのプランや未来を、思い描くことができると思います。

今は人生100歳時代と言われていて、現時点で年金受給は65歳から開始です。

アラフォー世代の我々が年金を受け取るころには、

年金受給年齢が、変わっている可能性だってあります。

またライフプランと並行して、考えることも大切です。

 

 

過去とは異なる就職時・転職時の捉え方

私はアラフォーなのですが、私が就職した当時は、いわゆる就職氷河期でした。

その頃は、いまのように「キャリアプラン」といったフレーズはなく、どちらかというと、

「大きな会社の内定もらうこと」や「ライセンスを取得して専門職に就くこと」

がベターだとされていました。

“大きな会社から内定をもらう” ⇒ “定年まで安定的に働けて安泰 ”という発想です。

多くの親は大きな企業に入ることを望み、実際にそのように言われていました。

「○○さんのとこの△△ちゃん、あの有名な■■会社に入ったんだって、すごいね~!」、

という感じです。

また今のように、まだ「転職」が普通の時代ではなかったです。

今の学生さんは、若い頃からキャリア教育を受けることができ、とっても幸せですね。

学生時代、就職前に「キャリアプラン」を一度考える機会があれば、

将来は少し違ったのかもしれません。

でも大丈夫です、ご安心ください。

学生時代にできなくても、今からでも始められます。

 

 

キャリアプランのない転職は遠回り

転職したい理由やご事情が何らかあることは、とてもよく分かります。

同時に転職活動をする前に、今後どのような働き方を目指していきたいのか、

キャリアプランや方向性を考え、目的をもって進めていくことがとても大切です。

なぜなら今の転職したい理由や気持ちだけを優先して転職して、

転職先を数年後に辞めることになったとき、いかがでしょうか。

また業界や業種を変えて転職し、ただ自分の希望条件だけを優先していては、

先行きがとても見えづらく、その場しのぎ感が否めません。

職務経歴に一貫性がなく、キャリア構築も少し難しくなることでしょう。

一方、キャリアプランができていれば、方向性が見えているため、

主軸がブレることはありません。

計画的なキャリアアップができ、適宜、修正可能となる訳です。

目先の問題だけではなく、未来を見据え、

プランを立て目的を持って動いていくべきことが、理想のキャリアへ辿り着くための近道です。

 

 

余談

少し話は脱線しますが、

目標設定やプランニングは、キャリアプランだけに言えることではありません。

1人の営業としても、フリーランスとして、経営や管理する立場でも、

また資産運用や投資においても、共通する事です。

目標やゴールがあるから、それに向かって進んでいけるのです。

明確なゴールはすぐに決めれられなくても大丈夫です。

方向性さえ決めていれば、具体的な内容を入れ変えたり、後から修正ができます。

 

 

まとめ

せっかく転職するのですから、「転職してよかった!」と私は思ってもらいたいです。

少し大袈裟かもしれませんが、職場が変われば、その方のキャリアだけでなく、

その人の価値観、ライフスタイル、家族との関り方まで変わってくるものだと思っています。

だからこそ、その大事な「仕事選び」や「転職」を後悔のないものにして、

キャリアを築いてあなたを最大限に発揮し、長く楽しくご活躍いただきたいと思っています。

少しでもお役に立てると嬉しいです。

 

 

 

◆お薦めの人材紹介会社

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

転職サイトはdoda

ジェイエイシーリクルートメント

*下記は若手向け。20代~30代前半。

第二新卒エージェントneo

 

 

◆キャリア相談

初回無料や、無料の範囲で使えるところもあるので、上手くご活用ください。

マジキャリ




 

◆大手企業や豊富な案件を取り扱う、派遣会社

マイナビスタッフ

ヒューマンリソシア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました