面接の時に採用担当者が重視していること3選!

転職/お悩み解決
スポンサーリンク

こんにちは、お仕事ソムリエママです。

人材を募集している会社の担当者は、実際に面接で「どんなポイント」を見ているのでしょう。

本日は面接官が見ているポイント3選を解説します。

 

 

書類審査

まず正社員の案件は多くの場合、書類審査があります。

ここで募集要件をクリアしているかは、最低限確認しています。

(資格が必須の業務であれば、資格の確認と実務経験の年数や必須経験等)。

 

面接で重視していること

それでは実際に、当日の面接の中で「重視していること3選」をご紹介します。

 

 

テクニカルスキルの確認

まず1つ目は「テクニカルスキル」の確認です。

テクニカルスキル(業務遂行能力)とは、職務を遂行するために欠かせない知識や技術、技術熟練度でを指します。

応募した方の経験やスキルが、募集しているポジションの業務をおこなうための、最低限必要なスキルを満たしているかを確認していきます。

実際に○○システムで▲▲の業務をされていたのか。

□□業界のどの分野を担当されていたか等の詳細を確認していきます。

扱っていた数字の大きさ、対応していた業務の範囲や業務割合等も詳細に確認していきます。

入社後、「できると思っていた業務レベルに満たない」という状況では困ってしまいます。

 

お仕事ソムリエママ
お仕事ソムリエママ

未経験の場合やブランクがあっても、過去の経験を聞かれます。

 

会社に望んでいること

業務の内容は担当者から一通り、口頭で説明されます。

業務の詳細を説明した上で、実際に入社した後、この方が会社に何を求めて、望んでいるのか。

そしてその望みは、この会社(業務)で達成することができるかどうか。

またこの方のキャリアビジョンも知りたいと思っています。

入社後に「こんなんじゃなかった~」と言われ、すぐに退職されては困ります。

「やっと一通りの業務を覚えてもらえた」という段階では、会社としても痛手なのです。

お互いにミスマッチがないように、詳細を事前に確認していきます。

 

お人柄

当たり前だと思われがちですが、意外に重視しているのが「お人柄」です。

業務を進める上で、社内外問わず、「コミュニケーション力」は必須です。

・対社外:会社の顔としての好感の持てるコミュニケーション力

・対社内:毎日多くの時間を共に過ごす仲間になります。互いを思い合った適切なコミュニケーション取る事ができるかどうか

稀に職場の雰囲気を乱す「トラブルメーカー」がいることがあります。

職場の雰囲気が悪くなると、最悪、優秀な社員が退職してしまう可能性だってあります。

一度雇用すると(雇用契約の定めがない場合)、今の日本の雇用制度では、基本は終身雇用になっていて会社にとってのリスクも高いのです。

「トラブルメーカー」にならないまでも、会社の雰囲気に馴染み、社風に合った方かどうか。

同僚はもちろん、上司となる方とのやり取りもスムーズにできそうな方かはよく見ています。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

意外と重視している点は「お人柄」で、自社に雰囲気が合っている方という点です。

職場の雰囲気やチームワークは、会社の売り上げや利益に反映される側面を持っています。

面接は多少緊張するものですが、できるだけ普段通り、「いつもの自分」で話せると良いですね。

私はこれから面接を受ける方に、「面接官を私だと思って、会話してみてください」といつもお伝えしています。

是非、身近な方に見立てて肩の力を抜いて、あなたらしさで楽しい時間を過ごしてみてください。

 

 

 

◆お薦めの人材紹介会社

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

転職サイトはdoda

ジェイエイシーリクルートメント

・下記は若手向け。20代~30代前半。

第二新卒エージェントneo

 

 

◆豊富な案件を取り扱う、大手派遣会社

マイナビスタッフ

ヒューマンリソシア

 

 

◆キャリア相談

マジキャリ

 

◆公式で公開し辛い内容は、今後LINEで発信予定です。

友だち追加

 

◆テレワーク&子供の休校に助かるミールキット・食材宅配



食材宅配

秋川牧園 冷蔵LP


◆アンケートに答えるだけで5,000円分

コメント

タイトルとURLをコピーしました