相談事例:その1 ~土日休み、夜勤のない仕事に転職したい~

ー転職
スポンサーリンク

前回、「転職活動を行う前にやるべき!3つのこと」について、ご紹介しました。

転職活動を始める前にやるべき!3つのこと。~キャリアプランがない転職は遠回り~
転職したいと思う時、どんな時でしょうか? 職場の人間関係に悩んでいるとき。 やりがいを感じられないや、仕事と生活のリズムが合わなくなったとき。 転職理由は様々です。 転職の相談に来れられる方に対して転職活動前に、 よくお話していた内容をご紹介します。

 

具体的な内容を聞いてみないと、イメージは湧いてこないかと思います。

今回は、過去に受けた「相談内容」をご紹介させていただきます。

 

 

相談の内容

できるだけ身近な方で、良くある相談パターンをご紹介させていただくため、

保育園のママ友から受けた相談をご紹介します。

相談内容は「土日休みで、夜勤のない仕事に転職したい」というものでした。

 

その方は学校卒業後、病院で看護士として働いており、

土日・夜勤に関わらずシフト勤務の仕事をしていました。

 

転職の経験はなく、新卒からずっと同じ職場で働いています。

当初の彼女の希望の条件は、3つありました。

・土日休みの仕事をしたい。

・夜勤のない仕事をしたい。

・自宅から40分以内で通えるところ。

 

 

土日やシフト勤務のある業界

私達の生活に必要で、土日も関係なくお仕事されている業界や業種はたくさんあります。

例えば、スーパーやドラックストア等の小売業、飲食・アパレル業界。

病院・介護施設、美容業・自動車や自転車屋さん。

保育園や学童も、土曜日は基本やっています。

不動産屋さんや保険屋さんは、土日の方が来客やお問合せが増えます。

 

これらの管理する部門の一部は、“土日祝休み”という部署もあるかと思いますが、

現場は土日も稼働していて、むしろ土日の方が忙しいです。

 

 

シフト勤務の経験者として

今はすっかり土日休みが当たり前の生活になってしまいましたが、私もシフト勤務の経験者です。

航空会社に勤務していた頃は、配属先の部署によって、土日休みではない時期がありました。

また朝3時台に起きる早朝勤務、お昼以降から勤務が始まるシフト勤務を経験したこともあります。

 

平日休みはゆっくり過ごせたり、安い時期に旅行へ行くことができたり、

出かけ先ではどこへ行っても空いているという、メリットがありました。

 

一方、平日休みが続くと、家族や友人との予定が合いません。

数人で集まったり、結婚式に呼ばれるのもはたいてい週末です。

 

私のシフト勤務時は結婚前のため、子育てとシフト勤務を両立したことはありませんが、

生活のリズムが狂ってしまう勤務をしながら、子育てとの両立はきっと大変なことと思います。

 

 

土日休みを希望する理由

今回のママ友以外にも、

土日休みをご希望されて転職活動を始める方は、多くいらっしゃいます。

 

土日休みを希望される理由として、

最も多いのは「家族や恋人と予定が合わないから‥」です。

 

結婚を機に、“働き方”をご検討される方もいらっしゃれば、

子供ができてから、「実際にやってみたけど、現実的にちょっと厳しい‥」という方。

 

保育園や小学校の保護者が関わるイベントは土曜日に開催されることが多かったり、

習い事の発表会や保護者会関連も基本は土日です。

 

ご夫婦で上手く分担され、スムーズに回してるご家庭もあります。

しかしご主人の働き方と自分の働き方が重ならず、

上手く分担できるようなパターンでないと、現実的に難しいと思います。

 

 

希望要件はあるけど‥

今回の相談のママ友の場合、彼女の希望の要件は3つありました。

・土日休みの仕事をしたい。

・夜勤のない仕事をしたい。

・自宅から40分以内で通えるところ

 

下の子が性格的に大変そうで、手を焼いていました。

日々回していくのが大変そうな状況は、見ていてよく分かりました。

しかしキャリアプランや方向性はなく、

「とにかくいまの生活リズムを変えたい!」という気持ちが伝わってきました。

 

土日休みの勤務、或いは夜勤のない仕事に転職したい気持ちは分かりますが、

同時に今後どのような働き方を目指していきたいのか、キャリアプランや方向性は必要です。

なぜなら、週末休みやシフト勤務のない異業種へ転職し、

その後、上手くいかなかったので「また転職したい」となった場合にいかがでしょう。

 

一時的な悩みを解決することだけを理由に、業界や業種を変えて転職すると、

先行きがとても見えづらく、その場しのぎ感が否めません。

職務経歴に一貫性がなく、キャリア構築も少し難しくなることでしょう。

 

 

◆転職したいと思った理由を探る

彼女の場合、「転職したい」と思うに至る理由は、

「土日勤務」と「夜勤を含むシフト勤務」という業務スタイル(働き方)は、

「2人の子供を育てながらの両立が厳しい」と感じたからです。

 

話を進めていくと、少し頭の中が整理されたようです。

彼女の希望要件に変化がありました。

 

それは、子育てするために「土日勤務」はあまり負担になっていないこと。

負担になっていたことは、「夜勤を含むシフト勤務」であることに気がついたようです。

 

「夜勤 × 子育て」は、年齢と共に体に堪えてくるようです。

本当に頭が下がります。

 

 

◆転職後にどのような経験を積みたいか

彼女の頭の中は、「夜勤を含むシフト勤務がなくなり、土日休みの仕事に転職したい!」

という気持ちでいっぱいでした。

 

とにかく日々の生活が手一杯で、

「いまの生活リズムを変えたい!」という気持ちが先行していました。

 

もう少しお話をしていく中で、

業務についてのご本人の意向、今後の方向性が見え始めました。

 

更にお聞きすると、お気持ちが明確になってきました。

・できれば看護師としての業務を生かしたい

・今は家庭を優先させ、将来的にはまた看護師資格を生かせる仕事に戻りたい

・看護師としての幅を広げられる業務もやってみたい

 

冷静になって考えてみることで、

「今までの経験を生かして働きたい」という自分の素直な気持ちに気づき、

ご自身で確認されたようです。

 

また「転職前に気がつけて良かった」と言っていました。

悩みを抱えると、視野が狭くなり、周りが見えなくなってしまうものですね。

 

 

◆ロングスパンで考える

「生活リズムを変えたい」という気持ちが第一でしたが、

「看護師の資格を生かして働き続けたい」という、彼女の意向もしっかり確認できました。

 

始めの「とにかく生活リズムを変えたい!」という気持ちだけで転職活動をしてしまうと、

全く違う業界へ、資格を生かすことなく転職してしまうケースもあったかもしれません。

 

「できるだけ看護師資格を生かした仕事を続けていきたい」と思うのであれば、

目先の問題だけではなく、未来を見据え、しっかりプランを立てて動いていくべきです。

 

看護師資格を生かす働き方も、今はいろいろあります。

例えば・・、

・クリニックでの看護師業務(日・祝休み、夜勤はないけどシフト制)

・保育園の看護師枠で勤務する(日・祝休み、夜勤はないけどシフト制)

・高齢者向けホームで看護士として勤務(土日祝、夜勤やシフト制は募集ポジションによる)

・企業の中で、産業看護師として勤務する

・SMOでのCRC業務/治験コーディネーター等・・
(勤務地が変わる等の理由で、生活リズムが定まらない可能性がある)

 

一重に看護師と言っても、

色々な業界で、様々なキャリア展開があります。

 

 

検討後の希望条件

更に話しを進めていくと、最終的な意向は下記に絞られました。

・夜勤と子育ては、体力的に厳しいけれど、土日勤務は問題ないこと。

・看護師資格を生かしたい。

・小さすぎる規模は避けたい(町の診療所やクリニック)。

 

またやり取りして分かったのですが、メールやPCはこれまでほどんど利用したことがなく、

メールアドレスは携帯メールアドレスのみ、個人所有のPCをありませんでした。

(ワードやエクセルを使用した、履歴書・職務経歴書の作成ができない)

 

 

結果

具体的な案件や条件を提示しながら、メリットやデメリットを客観的にお伝えしました。

またご自分の中で、キャリアの方向性と今の生活をイメージしながら検討いただきました。

 

最終的には、企業より病院に近い職場環境を希望され、

シフト勤務のない日勤のみ、日曜日の勤務はない(土曜日は月に数回という条件の募集があり)、

高齢者向けホームで看護師業務として、転職することが決まりました。

 

この転職により、シフト勤務と日曜日勤務がなくなり、土曜日勤務も月に数回となり、

当初の悩みであった「生活リズム」を変え、

自分の今の生活に合う仕事先へ転職することができました。

 

温厚な彼女の性格にとても合っていて、今後もご高齢の方と日々接しながら、

「穏やかな心で、ゆっくりした時間の中で働き続けたい」と思っているようです。

「ご高齢の方々に喜ばれることを‥」と、

ヨガを学んだり、新しいことにチャレンジしていました。

 

約4年半が経ちましたが、ワーク&ライフバランスを取りながら、今も楽しく働いているようです。

 

 

まとめ

土日勤務やシフト勤務の働き方をされている方から、

ライフステージの変化に伴い、ご相談いただくケースはとても多いです。

 

「今の状況、生活リズムを変えたい」というお気持ちは、

シフト勤務を経験した私としても、とても良く理解できます。

 

しかし一時的な感情を優先して、安易に転職するのではなく、

キャリアプランを持って行動することをお薦めします。

 

キャリアプランができていれば、方向性が見えているため、主軸がブレることはありません。

計画的なキャリアアップができ、適宜、修正可能となります。

 

目先の問題だけではなく、未来を見据え、

プランを立て目的を持って動いていくべきことが、理想のキャリアへ辿り着くための近道です。

 

少しでも、皆さまの転職・復職のお役に立てると嬉しいです。

 

 

◆看護師さん向け転職サイト



看護求人 JobMedley

◆お薦めの人材紹介会社

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

転職サイトはdoda

ジェイエイシーリクルートメント

*下記は若手向け。20代~30代前半。

第二新卒エージェントneo

 

 

◆キャリア相談

初回無料や、無料の範囲で使えるところもあるので、上手くご活用ください。

マジキャリ




 

◆大手企業や豊富な案件を取り扱う、派遣会社

マイナビスタッフ

ヒューマンリソシア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました