募集案件が増える時期は、○○が増える時期。さらに転職者が優位な時期?!

ー退職
スポンサーリンク

5月の連休も終わり、気持ちの良い季節になりました。

ボーナス(賞与)を貰える給与形態で働いている方にとっては、

これから嬉しい時期が待っていますね。

 

職場内での業務評価の面談を終え、

6月~7月にかけて夏のボーナスが支給される会社が多いです。

本日は募集案件が増える時期、転職者が優位な時期について、解説したいと思います。

 

 

○○が増える時期

結論からいきます。

募集が増える時期、それは「退職者が増える時期」になります。

“ 退職者が出る → 人員減 → 後任の募集 ” という流れになります。

 

 

募集を開始する時期

実際に募集が出始めるのは、「退職者が増える時期」より少し早いです。

なぜなら退職するとき、病気等の特別な理由でない限り、

通常は遅くても1カ月前には、今の職場に退職の意思を伝えることになっているからです。

「有給休暇が残っていて、最後にまとめて使いたい」、

そのように思ったら、更に前もって今の職場へ退職の意思を伝え方も多いことでしょう。

 

 

引継ぎ期間

業務を引継ぐ場合、後任は以下のいずれかとなることでしょう。

・新規募集で探す

・社内異動させて引継ぎする(異動させてきた部署が手薄になる、社内でパズル状態)

・一時的に今の業務に近いグループ内で、複数人に割り振る(周りの方の業務量が増える)

上からの順に実施して、人が見つからない、

或いは社内調子もできない場合、一時的に周りのひとに割り振るという流れが多いです。

一時的な対応は、周りの方へ業務負担が増え、不満へも繋がります。

そのため、継続して新規で後任募集をするケースが多いです。

 

 

○○が増える時期は、転職したいと思うタイミング

ではどういう時期に退職者が増えるのでしょう。

当たり前ですが、

退職者が増える時期 → 退職する人が転職したいと思う時期 となります。

いつ転職したいと思いますか?

ではみなさん働いていて、どんな時に転職するのに良いタイミングだと思いますか?

業務の区切りが良い時期、プロジェクトがひと段落する時期。

春や年度の切替時期等、様々だと思います。

 

働く人側で考えると、多い意見としては、「賞与を貰ってからやめよう!」です。

具体的に考えると、

・夏→賞与支給/6月、夏期休暇取得、8・9月退職 ⇒募集は9・10月入社

・冬→賞与支給/12月、年末年始取得、1月~2月退職 ⇒ 募集は2・3月入社

 

実際に採用担当者とやり取りし、2月前後や10月前後の入社希望の募集が多いです。

いずれも募集は入社日を目指してその数カ月前、退職意思を聞いてから開始します。

 

 

転職を検討している方に優位な時期

人材募集が増える時期は、他の時期よりも「良い点」がもう一つあります。

ライバル案件(募集)が増えるため、売り手市場(転職者優位)になる傾向があります。

もし転職を検討している方は、これからの時期にチェックし始めると、

普段より募集案件が増えていて、より一層あなたに合った仕事がみつかるかもしれません。

これからがチャンスです。

職場環境や会社の情報をできるだけ収集し、良い転職を勝ち取りましょう!

皆さまのワークライフが、より一層良くなると大変嬉しいです。

 

 

 

◆お薦めの人材紹介会社

人材紹介・転職なら「マイナビAGENT」

転職サイトはdoda

ジェイエイシーリクルートメント

*下記は若手向け。20代~30代前半。

第二新卒エージェントneo

 

 

◆キャリア相談

初回無料や、無料の範囲で使えるところもあるので、上手くご活用ください。

マジキャリ



 

◆大手企業や豊富な案件を取り扱う、派遣会社

マイナビスタッフ

ヒューマンリソシア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました